1995年:光ネットワークグループ設立

低迷する日本経済、そんな兆しがまだ見えていない1995年に光ネットワークグループは設立されました。設立当初は、電力通信工事会社6社、通信材料販売会社2社の計8社、また、愛知県・三重県の2県にまたがる状況で、互いの仕事の状況や、施工の方法の情報交換等が主流で1ヶ月に1度第四土曜日に集まっての話し合いの場でした。

 

そんな状況の中で、工事の斡旋・互いの助け合いを繰り返しながら会員相互の信用と結束力が強まってきて、2年目を迎えたときには16社になり、岐阜県の会社も会員として参加、愛知県・三重県・岐阜県の3県にまたがるグループとなりました。その頃から、グループとして何か出来ることは無いかと協議し、光ケーブルの接続認定書取得の講習会開催をメーカーにお願いして開催していただく運びとなり、光ネットワークグループ主催で、岐阜県郡上八幡にて5日間の講習会(参加人員56名)を開催しました。それに引き続き光ケーブル融着接続機メーカー3社を一同に介してのデモンストレーション、高所作業車のメーカー2社の合同デモンストレーション、経営セミナー、社員交流会、技術交流会、他グループとのセッション等、数々のグループとしてのイベントを行ってきました。

 

【有意義な交流会議】

3年目を迎える頃には21社になり、グループ組織としてのネットワークの構築をはじめ、各会員相互の仕事のやり取り、斡旋等がますます盛んになりました。グループとしての共同工事受注も視野に入れたグループ展開を目指し、4年目を迎えた時に、会員の紹介で、神奈川県通信事業協同組合との初の交流があり、江ノ島において13社と13社での合同交流会議を開催しました。この会議は、互いのグループにとって有意義な交流会議となりました。現在においても交流は続いています。

 

現在、会員は愛知・三重・岐阜・大阪と3県1府にまたがり25社となりました。現在の活動としては、毎月第四土曜日を定例会とし、その月の議事において会議を行っております。また、会員相互の仕事の斡旋・扶助・LANセミナー等の各種セミナー・光関連の機器のデモ・高所作業車のデモ等・情報交換の場としても有益な場となり、会員相互の懇親のゴルフコンペ・研修旅行・メーカー訪問・会員会社の社員交流会等も行ない、必要に応じ幹事会の開催をはじめ大きなグループ展開の場として、互いの信頼によりグループも結実してまいりました。

 

【愛知・岐阜・長野・静岡・東京 展開】

また、愛知・三重・岐阜・長野・静岡・東京の電気工事組合の青年部会会長と本年、8月に岐阜県下呂町において中部電気工事組合青年部会長会議に参加させていただき、光ネットワークとの連携を基にネットワーク作りを始め、互いの情報交換、工事の斡旋を含めた総合的な交流を、ネットワーク上で構築、新たな中小企業レベルでのグループ交流として互いの発展に寄与出来るようなネットワークを作るということで合意いたしました。

 

ネットワーク構築は、非常に難しい課題ですが本格的に取り組み、互いの発展の為の素晴らしい情報源として、情報交換・情報交流・仕事の斡旋・共同事業への取り組みにいたるまで様々な活用が考えられます。

 

【神奈川県通信事業協同組合 合意】

また、この企画には現在も交流がある神奈川県通信事業協同組合も合意を得て参加されます。

 

今の日本経済は、本当に不透明で先行きが見えません。私たち中小企業はこれから、本当の意味での試練が待っています。この試練を勝ち抜いていく為に私たちは力を集結し、考えられるビジネスを研究し展開していかなければなりません。その為に、各関連グループと情報を密にし、お互いの発展のために連携していこうと考えております。

 

【光ネットワーク協同組合へ】

光ネットワークグループから光ネットワーク協同組合への移行に伴い、会員一同、グループのあり方を見つめなおし、中身の充実した組合となるようまた、中小企業グループネットワーク構築を推し進め、他のグループとの連携を取りあいながら、新しいビジネス展開の模索やネットビジネスをも考えに入れた協同組合となるべく、会員一同力を集結し頑張っていきたいと思います。